朝と夜で違ってくる健康的に効果的な入浴の仕方

公開日: : 健康情報

健康に効果のある入浴の仕方は、時間帯によって異なります。

朝に入浴するときは、身体全体を覚醒させるということが目的です。
身体をしっかり覚醒させるためには、交感神経を刺激することが必要となります。

それには熱めのお湯に入ることが効果的でしょう。
温度は42度前後がベストです。
入浴時間は3分くらいを目安にします。

普段よりやや高めの温度にして、サッと短めに入浴を済ませるのが朝風呂のコツです。
この入浴法を心がければ頭も身体もフル回転するでしょう。

夜は少しぬるめの心地良い温度でゆっくりと温まります。
人それぞれの好みの温度がありますが、基本としてぬるめのお湯に入ることが大事です。
ぬるめのお湯に入ることで、気持ちをリラックスさせて眠気を誘ってくれるでしょう。

朝の入浴とは違って、副交感神経を優位に働かせるのです。
心身ともに理想的なリラックス状態をもたらしてくれます。
湯船の中で首下までしっかりとお湯につかりのんびりと入浴しましょう。
この時、何も考えず何もしないことがストレスを上手に解消するポイントです。

夜の入浴の際、熱いお湯にしてしまうと頭が覚めてしまい、熟睡を阻害してしまいます。

朝のお湯は身体を目覚めさせるもの、夜のお湯は脳を休めて入眠を促すものであることを覚えておきましょう。

このように朝の入浴と夜の入浴ではそれぞれ目的と効果が違ってきます。
目的に応じて適切な入浴方法を使い分けましょう。

また時間帯だけでなく、症状によっても適した入浴方法が違ってきます。
低血圧症の方と高血圧症の方とでは入浴方法が全く異なるのです。

症状に適した入浴の場合、入浴時間や最適な温度もそれぞれ違います。
またお湯につかる身体の範囲なども異なるのです。

間違えた入浴法を行ってしまうと、身体に対して負担をかけてしまう可能性があります。
症状に応じて、適切な入浴方法を心がけ健康的な日々を送りましょう。

お風呂で綺麗にすることはマラセチア毛包炎の予防にも効果がありますよ♪

関連記事

no image

健康寿命を無理なく延ばして暮らすコツ

日本は、寿命が一番長い国になってずいぶん長くなっています。 最近では、寿命という言葉にも二種類

記事を読む

no image

健康作りに欠かせない有酸素運動のポイント

有酸素運動は、健康作りに効果的だと言われています。 長時間続けられる有酸素運動を繰り返し行うことで

記事を読む

no image

健康的なダイエットは規則正しい生活から!

闇雲なダイエットをしても、「食べられない」ストレスから病んでしまったら取り返しが付きません。 健康

記事を読む

no image

睡眠のコツを知って健康になろう!

子供の頃は、10時くらいまで起きているだけで親に注意をされていましたよね。 「いつまで起きてるの!

記事を読む

no image

健康に欠かせない!三大栄養素とは!?

私たちは毎日食事をしながら生きています。 大半の方々はバランスの良い食事を心掛けている事と思います

記事を読む

no image

本当の健康であることを定義するために知っておきたい3つの条件

健康とは身体の好調、精神の好調、社会的好調の3つが整えられた状態です。 必ずしも病気でないことが健

記事を読む

no image

手軽に健康な身体を手に入れるツボ(経穴)の効果

全身には670種類ものツボがあります。 ツボのそれぞれには名称があり、身体の各器官と関係しているの

記事を読む

no image

運動メニューを工夫して健康な体作りを!

いつまでも若々しく、健康を維持して行くために運動は欠かせません。 そこで、健康になり維持するための

記事を読む

no image

朝ごはんは一日のエネルギー源!健康な体作りには欠かせません!

皆さん、朝食はちゃんと食べていますか? 朝食を摂らないと太りやすい体質になったりと、体に良いことは

記事を読む

no image

健康診断を受けるメリットと注意するべき点

健康診断とは、定期的に健康状態をチェックすることです。 病気の早期発見を目的とした検査になります。

記事を読む

no image
健康的なダイエットは規則正しい生活から!

闇雲なダイエットをしても、「食べられない」ストレスから病んでしまったら

no image
睡眠のコツを知って健康になろう!

子供の頃は、10時くらいまで起きているだけで親に注意をされていましたよ

no image
健康診断を受けるメリットと注意するべき点

健康診断とは、定期的に健康状態をチェックすることです。 病気の早期発

no image
健康作りに欠かせない有酸素運動のポイント

有酸素運動は、健康作りに効果的だと言われています。 長時間続けられる

no image
健康寿命を無理なく延ばして暮らすコツ

日本は、寿命が一番長い国になってずいぶん長くなっています。 最近

→もっと見る

PAGE TOP ↑